Treasurebox

玉手箱みたいな日々をつづる日記です

チャレンジは出会いと成長を与えてくれますね!【スピーチコンテスト回想録】

f:id:treasureboxes:20180909192008j:plain

わたくし、英語のスピーチクラブに入って楽しく活動している者ですが、どうやら、この秋、私たちの所属する地域のクラブ対抗でユーモアスピーチコンテストが開催されるらしいです。

 

ユーモアスピーチコンテストというのは、その名の通り、おもしろスピーチで観客を笑わせるコンテストです。

 

英語でも日本語でもエントリーできるのですが、実は、英語でしかコンテストに参加したことがない私です。

 

そして今度は、日本語でエントリーしてみようかしらと、密かに検討中。

 

(ブログに書いてる時点で、密かではないね・・・)(笑)

 

まあ、予定は未定ですが。

 

忘れないように、ここまでの軌跡を記録しておこうと思います!

2014年10月 スピーチクラブに入る

思い起こせば、英検1級の2次試験対策のためにスタートした英語スピーチクラブなのですが、これが、2014年10月末でした。

 

そして、現在、2018年。もうすぐ丸4年が経とうとしています。

2016年 スピーチコンテスト初出場、3回戦まで出場!

2016年の2月に、初めて福井で開催された英語スピーチコンテスト(1回戦)で、なぜか私が勝ちまして福井代表になりました。(笑)

 

そしたら、次は、翌月の3月に京都で行われた英語スピーチコンテスト(2回戦)に出場して、訳もわからないまま、2位になったのです。

( ↑↑↑ スーパーミラクル起きた! (*^▽^*) )

 

その大会では、2位までが次の大会への出場権を獲得できたので、その後、4月に大阪で開催された英語スピーチコンテスト(3回戦)にも出場しました。

 

ここでは本当にレベルが高いなあと思いまして、出場者が、プロの役者さんだったり、英語落語家さんだったり、世界で戦ってきた日本一を狙うレベルの方々がいたりして、一般庶民の出る幕ではないような場所で戦いました。

 

当然ですが、入賞するはずもなく・・・。

 

悔しいといえば悔しかったですが、初めて参加して、全然知らない世界を覗けたということでは、本当に得るものが多かったです。

 

運よくそんなハイレベルな英語スピーカーの方々と、今でも仲良くさせていただいているというのは本当にありがたいことだと思っております。

 

全然レベルは違うものの、田舎から出て行って、同じステージで競い合った者同士の、何と言いますか、絆的な?何とも言えない関係が芽生えて貴重な出会いでした。

 

2016年10月 英語落語家さんのイベントを福井で開催

スピーチコンテストの3回戦では、英語落語家さんが参加されていたのですが、その方が福井にきて、英語落語を披露してくださることになりました。

 

スピーチクラブもプロモーションもかねて、福井のスピーチクラブのみんなで力を合わせて、初のビッグイベント開催しましたよ。

 

会場が揺れるくらいの大爆笑、すごい英語落語会になりました!

 

2018年 英語スピーチコンテストを主催

2018年の春には、スピーチコンテストを福井のクラブが主催することになりました。

 

出場することだけではなく、主催することも大きなチャレンジでした。

 

どの分野においても、たかがクラブ活動とはいえ、新しいことに挑戦するということは、本当に学びが大きいです。

 

トラブルやさまざまな不安材料が盛りだくさんでしたが、皆で結束して、絆の力で乗り切ったという感じでしょうか。

 

結果は大成功に終わり、パーティも大いに盛り上がりました。

 

このコンテストでの優勝者は、全国大会(4回戦)まで出場され、大健闘でした!

 

今後の展望

スピーチコンテストは、非日常が味わえる、スリリングでワクワクするイベントです。

 

出場する方も、企画し開催を主催する方も、本当に成長できるし、出会いを与えてくれる場となっています。

 

個性豊かな方々との出会いは、かけがえのない宝物だなあと思っています。

 

あと、話し方やユーモアのセンスがすごく磨かれるので、結構、いろいろなところで話すときに注目を集められるようになります。

 

コンテストに出てからというもの、話し方に自信がつき、人前で話すことは緊張もしないし、どうしたら聴衆の方々が楽しく聴いてもらえるかを工夫するようになりました。

 

ということで、これから、ユーモアスピーチコンテストに向けて、何か楽しいネタを考えたいと思います! (^_-)-☆

 

 

笑いを取ろうとして、結果、おおスベりした場合には、また、ブログのネタにでもしたいと思います。(笑)   (*^▽^*)

 

 

世界に届けたい「禅マインド」脚下照顧(きゃっかしょうこ)

先日、通訳ガイドの1日バスツアーの仕事がありまして、福井県では永平寺が人気の観光地ですので、ご案内させていただきました。

禅の教えを1つでも世界に伝えたい

バスツアーの良いところは、移動中にマイクで全体に向けてお話しができるので、永平寺で案内をしながら伝えきれなかったことも丁寧に補足説明などお伝えできるというところがあると思います。

 

私が結構昔から私生活でも実践していることが「はきものをそろえる」ということ。

脚下照顧(きゃっかしょうこ)」という禅の言葉が元になっているようです。

 

簡単に言うと、自分の足元をまず見ましょう!そして反省をしましょう!つまり、自分の身の回りのことから大切にしましょうという教えだと思います。

 

世界に向けて伝えたい禅の教えの1つくらいはお伝えしておきたいなあと思っておりまして、永平寺参拝後のバスの中で、一つだけ皆さんとシェアさせて下さいということで、次の詩を英語で朗読しました。

英語版「はきものをそろえる」

Illumination from Our Feet

Arranging our shoes neatly, we bring harmony to our minds,

when our minds are harmonious, we arrange shoes neatly.

If we arrange shoes neatly when we take them off, 

our minds won't be disturbed when we put them on.

If someone leaves shoes in disarray, 

let us silently set them to order.

Such an act surely will bring harmony

to the minds of people around the world.

f:id:treasureboxes:20180808101259j:plain

 

出典はこちら↓↓↓です。永平寺の売店に売っています。

700円~800円だったと思います。(Amazonには無いようです!)

道元禅師の一生修行僧の生活禅の言葉が分かりやすく納められています。

f:id:treasureboxes:20180808101344j:plain

永平寺では廊下も階段もピッカピカ

f:id:treasureboxes:20180808103038j:plain

f:id:treasureboxes:20180808103051j:plain

入口から各部屋への廊下も階段もピッカピカに磨きあげられています。365日、一日も休むことなく、毎朝、朝食後、永平寺の修行僧の皆様は、徹底的に掃除をしてお寺全体をキレイに保っておられます。スリッパ不要ですからね。どこを歩いても全然汚れない。

何といいますか、徹底しているのです。すみずみまで小さなことを徹底している感じがするのです。これも脚下照顧の教えなのかなといつも思っています。

坐禅だけが修業ではない

禅の修業というとすぐに「坐禅」と思われがちですが、永平寺では坐禅はもちろん大切な修業の1つですが、その他のあらゆることが全て修業です。

朝起きた時から、寝るまでの一瞬一瞬が全て修業。食事も修業、掃除や托鉢、坐禅や読経はもちろんのこと、トイレや風呂の作法まで、ありとあらゆることが修業です。

そんなことを少しでも海外から日本に来られた方々にお伝えできたことを嬉しく思います。

まとめ

ロシアで開催されたサッカーワールドカップで日本人がゴミを持って帰ったんだよね~、という話もバスの中で出ました。日本人のきれい好きなところ、良いね!って。

良いところもあるし、悪いところもあるでしょう。でも、全部ひっくるめて、色々な国の方々と話をしたり交流できるのは本当に楽しいことだなあと思いました。

 

通訳ガイドにオススメの勉強法(サイトラ)

だいたい月に1回のペースで日曜日の早朝に集まるサイトラ会に参加してきました。昨日は様々な都合で2人しか集まらず、先輩と私だけで「1対1」のサイトラ練習は初体験でした。

f:id:treasureboxes:20180806115632j:plain

サクサク進むのが嬉しい!

いつものことですが、雑誌「TIME」からの記事を読みました。

「サイトラ」というのは、サイトトランスレーションの略で、英文をできるだけ早く文頭から和訳して読んでいきます。速読力アップに良いのです。

 

1対1なので、すっごい頭に入ってくる。

もう、ぱっぱっぱっぱっという感じで、とにかく素早く前に進むという感じのことができて嬉しかったです。何というか、私は早く進みたいのです。

 

いつもは3人から4人で精読するので、スピードはややゆっくりということも多かったのですが、今回は2人なので、すぐに回ってくるし、先輩は訳すの早いし、私も(和訳の内容はともかく)早いのが好きなので、さくさく進んで結構気分がすっきりしました。

 

深いメッセージとか文法とかも大事なのでしょうが、大まかな意味がとれたら、できるだけ早くたくさん訳したい。そのための練習がサイトラ会だと思っています。

今回はあまり詳細なことにはこだわらず前に進んだ感はあったかな~。

 

ただ、先輩は和訳した日本語が美しいのです。私は相当ザツですが・・・。

美しい日本語にスムーズに和訳できると、これまた更に気分が良いだろうなあと思います。私は、和訳は荒削りで雑だけど今はスピード重視で、これから徐々に洗練していきたいなあと思っています。

新しい語彙や世界のニュースを学べる

サイトラ会の良いところは、普段、日本で生活していると知らない世界のニュースをお友達の知識ももらいつつ共有できるところかなと思います。

世界の政治や経済、歴史や文化について、さまざまなことが、一緒に誰かと読むことで深まります。私1人では知らない単語も、誰かが知っていて教えてくれたり、ネットで調べて新しく知ったり。

世界中から日本にやって来た方々と話す時に役に立つ教養として、今すぐには役に立たなくても、重要なことを学べている気がします。

サイトラ和訳で早く読みたい理由

先日、通訳ガイドの仕事がありまして、サイトラの練習が本当に役に立ったのです。仕事の前の数日間は、「和→英」のサイトラの練習ばっかりしてました。

 

頭の中で早くチェンジしたいのですよ。和文から英文へ。

 

体験から感じることですが、頭の中に、何かしらの回路がある感じがしていて、日本語から英語に変換する回路といいますか、何回か往復しないと、すぐに出て来ないのです。

最近は、和文から英文への変換を2~3回、口で言ってみると割とスムーズに言葉が出てくる感じがします。

通訳ガイドの練習に使える和英サイトラ

昨日のサイトラ会では、英文記事を和訳するだけでしたが、日本語の記事を英語に和訳する和英サイトラを行うこともあります。

 

和英サイトラは、すごく有効だと思います。

 

通訳ガイドの仕事の前に、まず、日本語で大量の知識を頭に保存しておく必要がありまして、これは英語で保存ができにくい。

 

知識がうろ覚えだと、絶対ダメだと思うのです。潜在意識レベルにまで浸み渡っていないと自然に言葉に出てこない感じがするし、自信を持って話せない。

 

例えば、歴史とか地理とか一般常識的なことが、日本語で頭に入っているのです。英語で覚えたわけではない。

 

頭の中には英文で記憶されていない感じがあって、日本語の大量の文や知識が頭の中にあるので、それを、英語に直しながら話す感じがあります。

だから、出来るだけ早く、日本語から英語に直す練習をするのです。

 

1つのネタに対して、数回口に出してスムーズに出るようになって、次のネタの練習に進む、みたいな。

 

これが正しい方法なのかどうかはわかりませんが、いろいろ工夫した中で、今のところはこの方法が一番、今の自分の実力に合った準備方法なのかなと思っています。

スピーチ練習も通訳ガイドの仕事に役立つと思う

サイトラ会に加えて、毎週通っているスピーチクラブの練習は本当にガイドの練習にはうってつけだと思いました。

毎週、人前で話す機会が与えられますし、急なお題に対して、即興でスピーチを組み立てて話をするという練習もできるので、急な質問に慌てずに対応できる気がします。

スピーチクラブで、実際の仕事で役に立つ力を手に入れられている感があってこちらもやっていて良かったなあとしみじみ思っているところです。

まとめ

サイトラ会は、また来月に開催予定ですが、月に一回では足りないので、自分でもサイトラ練習、地道にこつこつ続けていきたいなあと思います。

どういう時に命が燃えてる感じがしますか?

どういう時に命が燃える感じを覚えますか?

f:id:treasureboxes:20180801230523j:plain

命が燃える時ってどんな時でしょうか?

 

一生懸命頑張っている時?燃えます?

 

例えば、どんな時?

 

 

 

追い詰められてる時、、、、、とか?

 

 

 

土俵際ギリギリにまで追い詰められているときとか?

f:id:treasureboxes:20180801225752j:plain

うふふふふ!

 

 

今、、、土俵際、、、、あたくし。まさに、この辺にいる感じです。↑↑↑ 

 

 

 

やばいんですよね~。大事な仕事迫っている。

 

 

でも、命を燃やしている感じはする。

 

 

これはヤバいって思っている時、成長している感じがすごくする。

 

 

今、燃えている感じがする。

 

 

でも、

 

 

 

手を抜いて楽しようよ!という自分と、いやいや抜くなよ!という二人の自分が激しく戦ってる(笑)

 

 

 

 

 

 

もうちょっと、がんばります。

 

命を燃やす。

 

仕切り直して頑張ります!

f:id:treasureboxes:20180801230921j:plain

 

ブログとか書いてる場合じゃないけど、気分転換!気分転換!

 

勇気を与えてくれたアメリカ人の言葉

昨日は夜な夜なネイティブ先生のオンラインレッスンを受けていまして、あまりの感動に泣きそうになってしまったので、録画動画から文字おこしをしてレッスンの一部を記録します。

オンライン英会話レッスンの進捗状況

オンライン英語レッスンを受け始めて、1週間ちょっとが経ちまして、結構多忙で、予定通り受講できているわけではないのですが、これまでご縁があってネットでつながった先生方はどの方も素敵な方々でした。

まだ特定の先生をお気に入りの先生として予約するというところまでは全然いってなくて、自分の空いている時間にたまたま空いていた先生が相手をしてくれるという感じです。だから全員初対面の先生ばかりです。

とりあえず、初めましてのご挨拶をします。何回もやってると短縮して言えるようになります。聞かれそうなことを1文にまとめて、ついでに「おお!」と言われそうなネタもちょっとはさむ。(笑)

アメリカ人先生:なんで英語を練習するの?

自己紹介をして、ちょっと雑談すると、全ての場合で、

「What brings you here?」とか

「Why are you practicing English?」とかを聞かれます。

ようするに、「なんで英語を練習するの?」とか、

「このオンラインプログラムで何がしたいの?」という質問をされます。

 

「私にどんなお助けができますか?」って感じで、私の学ぶ目的を知りたがるので、正直に、「ずーっとサボってきたけど、外国人と会う機会が増えそうなので練習したい」的なことを伝えます。

そしたら、「機会が増えるってどういうこと?」ってなるので、この辺で、実は通訳ガイドなんですけど・・・みたいな流れになってしまう。嘘つけないタイプで。

感動の前に、いきなりの珍クエスチョン

この流れで、旅行客になりすまして相手して下さる方もいらっしゃれば、日本のことを根ほり葉ほり聞いてくる方もおられました。

 

昨日のオンライン先生との会話は特に白熱しました。そして、途中から感動 (T_T)

本当に、途中で泣きそうになりました。

 

私が「一応、通訳ガイドです、、、」って伝えた時に、いきなり返された言葉がこちら

 

  ↓↓↓

 

先生

Don’t take them to the forest close to Mt.Fuji where people commit a suicide!

外国人観光客を、富士山の近くの人々が自殺する森には連れて行くなよ!

f:id:treasureboxes:20180724220820j:plain

私(わーお!樹海のこと言ってる!\(゜ロ\)(/ロ゜)/ )

 

Next to Mt. Fuji, there is a forest where Japanese people go killed themselves.

That is the worst tourist destination ever.

富士山の隣に、日本人が自殺するために行く森があるでしょ。

そこはこれまでで最悪の観光地だよ。

さらに、この後、

世界中で有名だぜ!ひどい場所だって。これは日本の問題だと思うよ。

神道・仏教・日本人の宗教観

話はこの後、私の住んでいる場所の話になり、私の住む町の観光名所の話をして、永平寺のことに触れて話をしていたら、

 

君らは神道を信じているんではないの?

 

と言うので、ここからは日本人の宗教観の話。

仏教と神道は共存していること。他の宗教も存在していること。

神道は信じるというより、もともと自然崇拝から生まれているので、信じるというよりは身近にあるという感じ。

神道は1868年から1945年まで国家神道だったが廃止された件。

今の天皇のご先祖様の話から、古事記のこと、古代からつながっている話。

戦後、徐々に信仰心は薄くなって、慣習化してきたこと。

データでは日本人の30%くらいしか、強い宗教観をもっていなくて、最近は慣習とかイベントと捉えている人が多いことなどを伝えました。

わかりやすい例が、子供が生まれたら神社に行って、結婚する時はキリスト教式で行い、死ぬ時はお寺に行くって話。

クリスマスもバレンタインもハロウインも、楽しいイベントとして取り入れているし、年末除夜の鐘をつきにお寺に行った後、新年は神社に行って初詣とか。

 

そしたら、

 

What’s the belief? Three different beliefs!

君らの信仰は何なの? 3つの異なる信仰?

 

仏教と神道は共存しているし、年配の方はさておき、若い人は特に何の宗教も持っていないと感じている人が多いという話をして、

ここで、神道は八百万の神を認めるから、矛盾が起きないって話をしたいなあと思っていたのですが、立て続けに次の質問が・・・

 

手ごわいクエスチョン:なぜ自殺率高い?

Don’t you think that this has to do in some part with the increase in suicide rate from Japan?

日本から見て、君らの信仰が薄いということと自殺率の増加と何か関係があるとは思わない?

 

私(でたーーーー!!これは手ごわい質問!\(゜ロ\)(/ロ゜)/ )

 

この後、「なんで死んだ方がましだと思う人がいるの?」

信仰というものは、「明日はよくなる!」って思えることじゃない?

という感じの、説明がずらずらと続き、

 

私としては、どう答えようか迷いつつ、アメリカに住んでいたことがある経験から、日本人とアメリカ人を比較すると、アメリカ人ほど、日本人は自分のことを誇らしく思ってはいないという話をしました。

 

アメリカ人は、ほとんどの人が自分のことや自分の家族を誇りに思っているし、人と異なることや、自分が他にいない人間であること、ユニークであるを誇りに思っている。

日本人の中では、自信満々で自分のことを誇り高く思っている人は、アメリカ人に比べると少ないかなあという感じのことを伝えたら、その後、声がひっくり返るような勢いで次のようなことをおっしゃいました。

勇気を与えてくれたアメリカ人の言葉

本当に、大きな声で、まくしたてるように、声がひっくり返りそうな感じで。

 

You know the world, the entire planet looks up to Japanese people.

They think, we are the Americans, we believe that Japanese people are super smart, super strong, resilient, look you guys were the only people who ever faced nuclear weapons, and you guys are not come out with your heart full of hatred, you guys, except that world war 2 happened, you decided to move on, and rebuild your country, rebuild your economy to become one of the strongest economies in the world, manufacturing some of the best vehicles Toyota, Mitsubishi. Everybody likes Toyota. You guys are looked up by many people.

Small island, many people, Tsunami, nuclear disaster, earthquakes, 指パッチン、two weeks later, you are back up on your feet. You guys are very resilient, very smart, how is it that you guys have lost your faith in yourself?

知ってる?世界中が、この惑星のみんなが、日本人を尊敬しているんだよ!

彼等は思っているよ、私らはアメリカ人だけど、日本人は超賢くて、超強くて、すぐに元気を回復する人達で、あなた方は世界で唯一核兵器の被害をこうむった人達なのに、心の中を憎しみを表に出すことなく、第二次世界大戦が起こったということを除いては、君たちは前に進もうと決めた。そして国を再建し、経済を再建し、世界の最も強い経済大国の1つになるために、トヨタや三菱といった最高の自動車を生産してね。みんなトヨタ好きだよ。君たち日本人は、多くの人々に尊敬されているんだよ。

小さな島国で、多くの人々が、津波にあい、原発事故が起き、地震があり、でも、2週間後、君らは自分達でしっかり立ち直っているじゃない。君たちはとても回復力があって、とても賢くて、なのに、どうして自分自身の中の信仰(信念)を失ってきているの?

 

信仰とか自信を失ってきているという話に関して、個人的には自分の意見があるのはあるのですが、掘り下げると、ちょっと違う方向に行きそうだったことと、この熱い言葉に、感動して、直接、面と向かって外国人にこんなに熱心に、日本人は尊敬されているってことをハッキリと言われたことはこれまでなかったので、胸が熱くなって泣きそうに。(T_T)

 

日本人の傾向、特徴について

この後は、感動はしつつも、仏教の話にちょっと戻りまして、仏教の教えとか、日本人の考え方の傾向や特徴について説明。

 

仏教の利他の話、周りの人の幸福を考えること、人の迷惑にならないことをしようとする、例えば、道にポイ捨てとかはしない、誰か掃除をする人がいるわけで、日本人はそれを可哀想だと思うし、ポイ捨てはカッコ良くないと考える。人の迷惑になることをできるだけ避けたいと思う人々であること。

 

チームワークや協調性に優れていること。親切心が強く、時にはそれが強すぎること。何か問題が起きた時、自分のせいだと自分を責めてしまう人も一部いること。

グループの調和を重視するあまり、ストレスを感じる人が少しいるとか、目立ち過ぎると浮いてしまう話。不登校の生徒と普段接しているので、学校で起きやすいストレスについても説明。

 

まだまだ続いた、勇気を与えてくれたアメリカ人の言葉

日本人の中で、ストレスを感じていたり、自信を失っている人々が少しだけど存在するということを知って、またまた、熱く熱く、唾が飛んで来そうな勢いで、次のようなことをおっしゃいました。(長いので要点だけ!)

f:id:treasureboxes:20180724230327j:plain

 

ここ最近で、君たち日本人が世界に見せたことがあるんだよ。これは世界中に広まったことだよ。

ロシアでちょうどあったワールドカップの時、ウイルスのように広まったよ。

日本人の試合の後のイメージが。スタジアムのひとセクションから全てのゴミを拾って持って帰ったんだよ。

このことに、日本以外の世界中の国のファンが、元気づけられて、同じことをしたよ。

ロシアのワールドカップは、これまでで最もキレイで、よく組織されたワールドカップだったと皆が言っているけど、誰が最初にこれをお手本となって皆を先導したと思うの?日本人だよ!

日本人は試合の後、全てのゴミを拾い始め、(私がポイ捨ての話をしたことに言及して)誰か他の人の分まで全部持って帰ったんだよ。

2日目は誰もこのことに注目しなかった。でも、その後にニュースになり始めたの。そして、3日目には、世界中の国々が同じ事をし始めた。

 

 

私が今何が言いたいかというと、世界の人々は、日本人を見ているんだよってこと。

世界は、このことを見ているし、尊敬している。

日本人は、究極に尊敬に値する人々で、全てにおいてとても親切だよ。

この惑星の皆がそう思っているよ。

 

まとめ

サッカーというか、テレビを見ないので、全然知らなかったです。

ゴミ拾うのなんて、子供でもやってるのにそんなことで尊敬されるって・・・。

 

でもなんか、勇気づけられて、感動したレッスンでした。

お値段の3倍くらいの価値あったなあ。(笑)

それにしても、この先生、随分日本びいきの方でした~。(^-^)

 

 

 

 

越前和紙の里【卯立(うだつ)の工芸館と紙の文化博物館】

日本で唯一、紙の神様を祀る神社として有名な「大瀧神社」のことを書いたのは4月でしたか。これね!

www.treasureboxes.jp

大瀧神社以外にも訪れていた場所を今ごろ記録です。早くご案内できる日が来るといいなあ。

越前和紙の里

www.echizenwashi.jp

地図はこちら!

http://www.echizenwashi.jp/information/pdf/pamphlet_area.pdf

卯立の工芸館

和紙の里の中にあります。

「うだつ」とは?

f:id:treasureboxes:20180718171517j:plain

特徴的な屋根の形「卯立」(うだつ)といいますね。

江戸時代頃から、装飾となってきた「うだつ」は、財力の象徴となり、裕福なお宅に立派なうだつが上げられたようです。つまり、繁栄の象徴なのです。

「うだつが上がらない」→いつまでたっても出世しない、豊かになれない、という意味ですね。

f:id:treasureboxes:20180718172221j:plain

江戸時代の中期の和紙を作っていたお宅をそのまま「和紙の里」の敷地内に移築したそうです。

f:id:treasureboxes:20180718172247j:plain

f:id:treasureboxes:20180718172342j:plain

館内の様子 

江戸時代のお宅の雰囲気です。和紙作りがいかに生活に密着していたかが一目瞭然。

f:id:treasureboxes:20180718172900j:plain

中に入っても良いよと言われたのですが、先を急いでいたのでこの日は写真だけ。

田舎に帰ってきた雰囲気を味わえて、ほっとしました。

和紙作りの全行程を見ることができる 

伝統的な手作り和紙の全行程をここで生で見ることができます。

 

「こうぞ」など和紙づくりの原料や、それらの植物を煮る釜などなど

f:id:treasureboxes:20180718172835j:plain

煮た後の繊維の多い原料。余分なものを取り除いて、紙を丈夫にするため、叩きます。

これくらいの量だと2時間くらいは叩くみたいです。

f:id:treasureboxes:20180718172926j:plain

紙すきの様子。若い女性がものすごい手際よく紙すきを見せて下さいました。

動画を撮ったのですが見当たらず残念・・・。

f:id:treasureboxes:20180718172946j:plain

若い方々に伝統的な技術がしっかり受け継がれているのを見て、嬉しくなりました。

f:id:treasureboxes:20180718172959j:plain

漉いた紙は、大切に一枚一枚重ね合わせて、余分な水分を取り除きます。

f:id:treasureboxes:20180718173014j:plain

この後は外や暑い部屋でしっかり乾かすだけです。

越前奉書紙のできるまで

f:id:treasureboxes:20180718173024j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173046j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173104j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173124j:plain

紙の文化博物館

f:id:treasureboxes:20180718173333j:plain

入口にある素晴らしい「紙のアート作品」そして、2階の展示物に関しては写真撮影不可でした。その他はOKだそうです。ここからは写真だけ!

f:id:treasureboxes:20180718173349j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173412j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173427j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173453j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173614j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173505j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173520j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173532j:plain

f:id:treasureboxes:20180718173543j:plain

 

 

 

勉強のコツ、自分の特性について知ること

教育関連の資格に向けて勉強することになりまして、ある大学の聴講生として講座を受講しています。5月に神戸に行ったのはその講座を受けるためでした。

今度は東京で講座があるみたいです。結構数日間連続でどっぷりらしいです。

英語とか通訳ガイドの勉強は時間を忘れて取り組めるんですけどね。何せ、じっとしているのが苦手で、、、(>_<)

 VAKって知っていますか?

前回の研修で習った VAK っていう3パターンの特性が印象に残っているので記録しておきたいなあと思いました。

 

VAKというのは、人の持つ特性というか優位傾向のようです。

 

Vというのは Visual の頭文字で、「視覚」からの理解が得意な人

f:id:treasureboxes:20180718134252j:plain

AというのはAudioの頭文字で、「聴覚」からの理解が得意な人

f:id:treasureboxes:20180718134301j:plain

KというのはKinestheticの頭文字で、「身体」からの理解が得意な人

f:id:treasureboxes:20180718134310j:plain

1人1人特性は異なっていて、人によってVの傾向が強い人、Aの傾向が強い人などに分類できます。

VAKのテスト(簡単な質問にYesかNoで答えるだけ)をしてみると、自分の特性を知ることができます。(ネットに転がっていると思うのでぜひお試しあれ!)

 

簡単に言うと、

 

Vの傾向が強い人は、目から見て覚えたり理解したりが得意

 

Aの傾向が強い人は、耳から聴いて覚えたり理解したりが得意

 

Kの傾向が強い人は、やってみて覚えたり理解したりが得意

 

教師はVAKのどの傾向の子にも同じように教えるべき

例えば、学校や塾などでは、様々な特徴の児童や生徒が混在しています。全員がVの傾向を持っていたり、全員がAの傾向が強いなどということはないのです。

耳から聴いて理解が得意な生徒には、言えば理解してもらえますが、目からの理解が得意な子には、すーーっと抜けていることがあります。

やってみないとピンとこない子には、それなりの伝え方が必要ですし。

だから、教師はこれを知っておいて、教える時や伝える時に、3つの方法で教えると効果的だと思います。

言って、黒板に書いて、実際に、やらせてみる。

言うだけでは分からない子も、書いて見せたらわかったり、書いてあることが分からない子も、実際にやってみるとわかったり。

だから、できるだけこの3パターンを利用して教えることにしています。

特性を知ると何が良いか?

教える時もそうですが、自分が勉強する時にも役に立ちます。

私はテストをしてみたところ、圧倒的にAの傾向が強いタイプでした。耳から聴いたことを理解するタイプのようです。

 

これで謎が解けた。どおりで、英文を眺めていてもなかなか理解できないはずだ。

いつも音読して耳で聞きながら読み進めるとより深く理解できる。最近、音読ばっかりしています。

っていうか、静かに読んでいると睡魔に襲われるだけ(+_+)といううわさが・・・(笑)

耳コピー

耳派、という傾向がわかってから意識しているのかわからないですが、結構、最近、耳コピー力がある感覚があります。

聴いた英文を耳コピーできたりするのです。試しに英語落語の1本でも覚えたくなってきた。(笑)

 

やっぱ、Aの傾向が強いという証拠なのでしょうかね。

あとね、「良い声」に異常に反応する。(笑) (誰でもそうなのかなあ?)

「良い声」何回も聴きたくなる。ヘビーリスナー (笑)

 

声にやたら反応するのですよね。

良い声の教材あったら、きっとはかどるね。

 

あと、英語上手い人とカラオケ行くと、ほとんどもれなく、歌、上手いね~。

音程とか、発音に近いからかなあ。

話がズレてきた (*^。^*)

 

もし勉強で困っている人がいたら

自分の特性を知ると、勉強がもっとはかどるかもしれませんね。

私は今、通訳とか、通訳ガイドの仕事の準備をコツコツしてますが、耳からの記憶が得意なので、ボイスレコーダーをかなり活用しています。

覚えたいことを録音して、耳で聞いて覚えています。

書いてもダメなんです。私の場合、書くのは時間がかかるくせに、あまり記憶に残らないのです。耳から記憶だとものすごく速い。

 

英語スピーチも、最近、全然書かない。というか、スクリプトを書いてスピーチを作っても覚えられないのです。紙を見ながらスピーチすることになってしまう。

今年はメモなしで英語スピーチやろうと思っているので、スピーチを作る段階からボイスレコーダーで話しながらスピーチを作成したいなと思っています。

 

最近は、適当にしゃべりながら録音しつつ英語スピーチを作って、それを少しづつ語彙を変えたり足したりして、洗練していきます。

文字におこすのはその後。一応、記録として文字にはします。あとで役に立つので。

 

私は耳理解派なので、このような勉強方法が効率良いですが、目からの記憶や理解を得意とする方は、きっと、視覚からの教材を工夫したりすることで効果があると思います。 

オンライン英会話を始めたら楽しい!【うきうき雑談】

昨日は、朝からある団体の役員会に参加。その団体の「発信する係」といいますか、情報の集約と発信のような役割を担うことになりました。新しい役職、とっても楽しみです!と同時に、一生懸命、貢献したいと思います。

 

今、急いでしなければいけないことは、ガイドの準備。

「添乗」の部分はまあまあ大丈夫として、ガイドの部分ね、今まで随分サボってきたところ。永平寺以外、、、すっかり抜けてる。

 

段取り、大事ですよ。

外国人のお客様に楽しんでもらいたいですから、せっかくの日本の旅行。

 

役員会で、若干の危機感を感じ、そして、使命感にあふれたこともあって、早速、申し込みをしました。

 

オンラインでのネイティブレッスン、申込んでしまいました! (^u^)

 

先日、久しぶりにネイティブの先生にお会いしてから、やる気に火がついていたのですが、もっともっとやる気が燃えたぎる出来事も起こりまして、いてもたってもいられず、ネイティブレッスン復活をどうやろうかと色々比較検討。

 

そしてついに、決めたのです。

ある会社のオンライン英会話サービス受講開始!

安い、簡単、便利、レッスンが録画されておさらいができる、先生がメッセージで語彙を送ってくれる、欧米中心のネイティブが先生、などなど。

 

何といっても、安ーーーーーーーーーーい!

今まで使ってきたお金を考えると、オンライン英会話、断然安い!

 

今までは英会話教室に高いお金を出してわざわざ教室に行ったりしていましたが、安いうえ、iPadで簡単につながるし、音声も抜群。

 

ネイティブ講師も数千人単位で登録されていて、いつでもスタンバイして、いつでも予約なしでスタートできるんですよ。色々な先生と話せるの。本当にすごい便利で効果的!

 

なんでもっと早くやらんかったのだろうと思いますが、、、

気にはなってたのですが、やる気に火が付いた今が一番のタイミングなんでしょうね。

 

1日30分として、週3日、週5日、週7日コースが選べるんですが、めちゃくちゃ迷いました。

週3日だと逆に忘れそうだし、週7日だとスピーチクラブがある日は時間がないので難しいし、日曜日はいろいろ多忙だから無しとして、週5日コースに申し込みしました。

 

とりあえず、追い込んでしまおうと思いまして。

とりあえず、何でもいいので、自分を追い込んでから、その後にいろいろ考えようと思いまして。もう支払いも、完了!

 

いいね、いいね!

おしゃべり、基本的に大好きだし、いろいろな人としゃべれるの、本当に楽しい!

外国人と話すのは特に楽しい! ヽ(^o^)丿

 

昨日と今日、連続できちんとレッスン受けています。

昨日は手ごたえまずまずだったのですが、今日は面白かった!

 

今日の講師とは、自由会話をだらだらとしゃべっていたのですが、

 

ネイティブ講師「夫はしゃべらないの?英語?」

私「一切しゃべらんね~」

ネ「そら練習相手にはなれないね。他に一緒に英語話す仲間いないの?」

私「一応、英語のスピーチクラブには入っているんですけどね!」

 

(ここから、名前を出さずにスピーチクラブでどんなことやっているかを説明。)

 

ネ「知ってる?アメリカに、それに似たクラブあるんだよ!〇〇〇っていうの!」

私「私、そのクラブのメンバーですけど!」

ネ「えええええ!!!私もですけどーーーーーーーー!!!」

 

みたいな。

 

ここから、同じクラブメンバー同士、めっちゃ親近感わいて、大爆笑トーク炸裂!

すごくない?私、2日目にして、6500人の講師の中から、引き当てたよ!仲間!

講師の先生もビックリ、たくさん生徒さんと話したけど、初めてですって!

同じクラブに所属している生徒!

 

我ながら、「なんか持ってるかもしれん、、、、、」と思った本日でした!(笑)