Treasurebox

玉手箱みたいな日々をつづる日記です

通訳特訓、本格的に始める!ゆるい自分とは、しばしおさらば!

10回、20回、練習するよりも、1回本番を経験する方が伸びると思う。練習と本番って違うんですよね。

本番を1回経験することで、さまざまな実力がいっぺんに身につくと思います。

f:id:treasureboxes:20190406013639j:plain

例えば、スピーチ練習を家で10回するよりも、1回、人前でスピーチする方が、圧倒的にうまくなる。

 

そして、ただ人前でスピーチするよりも、コンテストとかに出る方が、1回の修羅場を経験するだけなのですが、スキルはたくさん伸びる。

 

そんな経験をいろいろしてますけど。

練習は大事なのですけれども、本番を経験する方が、めちゃくちゃ伸びると思うわけです。

 

だから、何十回もギター練習するよりも、人前で、実際にステージに上がって弾く方が伸びる。

 

話がそれた!

 

ギターの話はちょっと横に置いておいて、いよいよまた、仕事の依頼が来そうな雰囲気。まだわからないけど、最悪、自分の出番となって、今度はこれまでよりちょっと大きい仕事で、いつもよりも更に背伸びしないといけない仕事。

 

練習しまくってゾーンに入るぞ!という意気込みです。

特訓するの。1人では本番さながらの特訓難しいから、仲間を誘ってしまった。

ついにやりますよ、厳しい特訓。

 

ゆるい気分はもう卒業!

今からしばらく、実力をアップさせるべく、自分にプレッシャーを与えるべく、ここに書き記しています。

 

なんか、書くと、実現するんですよね。ブログって。

言うたとおりに、道が開けていく気がする。

 

時間を切り売りする仕事よりも、クリエイティブな仕事をしたいなあと思っていましたら、今、けっこう、クリエイティブな時間を過ごしています。

 

講演の原稿書いたり、自分のオリジナルツアーの企画を考えたり、通訳ガイドの仕事で話す内容や下調べなどの準備をしたり、通訳の勉強会の準備やら、実際の通訳現場で役立ちそうな練習など、今は全然だけど、こんなことを積み重ねていって、創意工夫を重ねて将来的に面白いことにつながったららいいなと思っています。

 

レッスンを増やせば、経済的に楽にはなるんだけど、まだ、苦しいけど、このままレッスンは増やさないでおきたいのです。

 

時間の確保を最優先にして、時間の投資をしたい時期ですから。

スキルアップだ!目下の目標!

やり過ぎてゾーンに入るくらい、今から練習とスキルアップ本格的に頑張る!

 

今日は、だから、元気がでる音楽聞いて、元気が出る人の言葉を聞いて、ゆるい自分をしばらくの間、葬り去るべく、心に誓ったのでした!

 

 

電話にまつわる雑談日記【通知不可能って!?】

電話番号が「非通知」という表示で、携帯に電話がかかってくるのは、意味がわかる。

でも、電話番号が「通知不可能」ってちょっと怖くないですか?

 

これ!

何この着信の表示!

f:id:treasureboxes:20190822004004j:plain

何がスゴイって、まだ、ガラケーの私!(笑) (←そこ~っ?って突っ込まない!)

いい加減にスマホにしろっ!って感じですよね。

 

いやいや、着信が「通知不可能」って、もうね、なんかドキドキしました。

 

ちょっと前にあった仕事で、電話番号が090とかではない番号、ひと目で国外だってわかる電話番号から早朝に携帯に電話がかかってきて、問い合わせと、それからしばらく、トラブル対応で四苦八苦したばかりだったのですよ。

 

これは、もしかしたら、また何かのトラブルかと思いまして、ヒヤヒヤした気分で、とりあえず腹をくくって電話に出ました。

 

「通知不可能」ってなんか、もう、ホントにドキドキする。

国外かな~?とは思いましたけど。

直接電話かかってくるって田舎者には怖すぎる。

 

そしたら、「Hello? Are you 〇〇〇〇?(←私の名前)」

そうですけど、、、でも、発音が間違っているから、名前の発音、直してあげましたけど。

 

しかも、すごいなまりの英語でして・・・。

これは、どこの国のどなた様やねん・・・、って感じで。

もうドキドキするって。

次は何のトラブルやねん。

 

通地不可能だし、なまりがすごいから、一発でネイティブ英語圏ではないというのはわかって、でも、どこの国かは別に聞かず、話を聞いたら、先日SkypeのIDを交換した国外のインバウンド会社の方でした。

 

世界中に支店があるみたいなので、どこにいるかは、もはや聞くだけ無駄と思いまして。

 

なーんだ、、、とほっとしたのもつかの間、「スカイプミーティングをするぞ!」と。

 

いつ空いてるっていうから、日本時間の朝9時希望って言ったら、「その時間は、オイラの国ではスリーピングタイムだ」というので、結局、相手が希望した午後4時にアポということになりました。

 

そして、今日の4時PMですよ。

相手が指定した時間の5分前には完全にスタンバイする几帳面な日本人がここにいる!

 

日本人は、その時間に合わせて、準備するわけですよ。

今日は夜は塾でのレッスンがある日ですから、夜までの段取りをしっかり組んで、スカイプだというから、まともな服装に着替えて化粧もして、万全の体制で臨むわけですよ。

 

 

 

でも、平気で、人の時間を何だと思ってるのか、すっぽかすよね~!

海外の観光地とかゆるいですから、日本人が几帳面過ぎるのかもしれないですが、ゆるいよね~、海外の時間の感覚。

 

自分も海外から帰って来た時、日本の時間への几帳面さにビビったのを覚えていますけど。あまりの電車の時間厳守なところに感動しましたもん。

 

ゆるいのはいいんですけど、自分に非があるのは嫌なので、嫌じゃないですか、この結果は君が原因だと言われるのはまっぴらなので、向こうから指示されたこと、言われたことはきちんと守って、期日もバッチリ守って、何か起きたら全部相手の非にしてやろうと思って。

 

非は相手にあるぞということで、国際社会、グローバル社会では、自分に非があるのは後で疲弊する気がするので、非が無いように、言われたことは完璧に期日内にやって、わからないことはそのままにせず質問して対処して、何かあっても、突っ込まれてもちゃんと言い返せるように準備して、主張できるように乗り切っていかないとね。

 

待っててもダメ。

自分でやれること全部やって、努力できることはやって、それでも突っ込まれたら、主張しないと。なぜあなた様の方に非があるのか、根拠を示して主張しないといけないなと思うのでね。

 

これ以上することないっていう状態にしておくこと、違う文化の人と対応する時、乗り切る時に気をつけていること。

 

そこは常に気をつけていることでして、いつでも喧嘩できるぞ~!

トラブル起きた時にね、やっぱり、自分を守らないといけないから。

嫌な思いするのも嫌ですし、論理的に自分に非がないと主張していかないと。

 

証拠を残してね。記録を残しておくの。

言うた言わんでもめることを防ぐためにね。

あとで痛い目に遭わないように。

ルールも違えば、文化も違うし、日本のルールだけでいくと、戸惑うことは多いかもしれないですね。

 

そして、4時15分、、、全然、スカイプ反応してこない。

一応、メッセージしてね、反応待ちますけどね。

 

4時半になって、ようやく、言い訳と共に、メッセージ。

時差を勘違いしていたとか・・・。

 

アラーム、しとけよ!!!と私の中のヤンキー・・・じゃなかった、ちょっと悪魔な部分が現れ、和田アキ子のようなしゃべり方になるのを、慌てて抑えましてね。

 

人の時間をね、無駄にするのがね、カチンとくるのですよね。

結局、その後、まだスタートが遅れるというので、明日に変更してもらいました。

 

明日はちゃんと守ってくれるのだろうか。

今日は、ホントにむしゃくしゃしてしまった。

 

でもね、英語を教えている時、CDで美しい発音のネイティブの英語をかけてリスニング問題とかさせるんですけどね、現場の英語はそんなにきれいな発音していないからね。

 

最近案内したのは、ドイツ系、イタリア系、オランダ系が混じったヨーロッパ。

英語は話すけど、もちろんネイティブじゃないし、なまりもある。

 

アジアからきた御一行様の時も、誰一人英語圏ネイティブはいなかった。

全員、どこかしらの国のなまりをもつ英語を話す。

聞き取りにくいけど、一旦慣れればコミュニケーションは成り立つ。

 

シンガポールの英語も独特のなまりがあって聞き取りにくいけど、慣れれば大丈夫。

 

何というか、外国人とのLanguage-exchangeサークルであうネイティブ英語スピーカーは、きれいな英語を話すのですが、そのきれいな英語というのも、果たしてそのようなものがあるのかどうか、最近疑問。

 

CDで教材として聞く英語を正しいと思い込んでいるだけの気がする。

実際の現場では、いろんな英語を話すのですよ。

世界中の人が、第二外国語として英語を使ってコミュニケーションする。

なまりはあって当然。

発音は明確にする必要はあるけれど、まずはしっかりコミュニケーションする力を養う必要があるんだよなあと実感しています。

 

正しい発音とか、最近、よくわかりませんわ。

実際に仕事で出会う外国人は、ほとんどネイティブではないから。

 

スカイプミーティング、しっかり自分の伝えたいこと主張して、きちんとコミュニケーションできると良いなと思います。

永平寺(えいへいじ)で坐禅体験をしてみよう!【曹洞宗大本山永平寺(福井県)】

永平寺に参拝される海外のお客様からの依頼で、拝観の通訳案内を行ったり、時々ですが坐禅体験中の通訳を依頼されることもあります。

f:id:treasureboxes:20190814122720j:plain

そのため、通訳ガイド研修や、実際にお客様と一緒に何回も永平寺で坐禅を体験しています。

 

仕事とはいえ、坐禅をすることは私にとって貴重で、なかなか有意義な時間となっております。

今回は、坐禅体験に興味ある方に向けて、体験談をシェアしたいと思います。

 

ほぼ毎日体験できる坐禅

永平寺では、一般参拝者向けに坐禅体験の機会を提供しています。

一日に体験できる時間は、以下の通り、通常5回です。

 

1回目 10:00~10:50

2回目 11:00~11:50

3回目 13:30~14:20

4回目 14:30~15:20

5回目 15:30~16:20

 

30分前から受付が始まるので、例えば、11時の坐禅体験を申し込む場合は、10時30分から受付が始まります。

 

永平寺は、修行僧のための修行道場ですから、ルールは厳しく、時間厳守です。

1分でも遅刻すると、坐禅に途中参加はできませんのでご注意ください。

 

「ほぼ毎日」というのは、永平寺の大きな行事がある日は、坐禅体験ができない日があるためです。大きな行事や特別な日以外は、ほぼ毎日体験が可能です。

 

永平寺での坐禅体験:申し込み方法 

f:id:treasureboxes:20190814111132j:plain

永平寺に入り口から入り、靴を脱いで袋に入れると、目の前に、本日の坐禅体験の時間という看板が出ています。

 

ロビーの出口近くに、「総受処」と書かれた場所があるので、そちらで「〇時〇分の坐禅体験をしたい」と伝えると、申込用紙をくれますので、必要事項を記入します。

 

志納金の500円を納めると、合掌と共に受け取っていただき、坐禅体験客用のバッヂをもらえます。「こちらを左胸につけて下さい」と言われました。

f:id:treasureboxes:20190814111230j:plain

ロビーの指定された場所で待ちます。

指定された時間までは自由時間ですから散策も良いですが、5分前には絶対にその場にいましょう。

 

時間ぴったりに修行僧が登場し導いてくれる

私は15時30分の坐禅体験を申し込んだのですが、本当にぴったり15時30分に修行僧が来られ、案内してくださいました。

 

2列で修行僧の後に続きます。そして、永平寺では常に左側通行です。

 

私が体験した時は、20名ほどの参加者がおられました。

静かに修行僧の指示にしたがって、後についてゆきました。

 

坐禅体験は「禅堂」というところで行われる

修行僧は主に僧堂(そうどう)という建物の中で生活をしており、坐禅も食事も就寝も、すべてそちらでおこなって日々の修行に励まれています。

 

しかし、僧堂は一般の人は見ることも入ることもできません。

ですから、一般の人が坐禅体験できるように作られた場所が「禅堂」という場所です。

 

僧堂のように作られており、数十人が一気に坐禅できるような造りになっています。

 

写真撮影禁止ですし、音も立ててはいけません。

しゃべることも許されない、静けさを維持することが重要な神聖な場所です。

 

坐禅体験の流れ

坐禅体験と一言で言っても、ただ座って瞑想すれば良いというものではなく、正しい坐坐禅のやり方について、修行僧から、さまざまな指導が行われます。

 

主に以下のことについて、詳細は省きますが、正しい坐禅方法を学びながら、坐禅体験ができます。

 

姿勢

正しい姿勢を保つことは坐禅の基本です。

呼吸法

呼吸を整えることは、心を整えることにつながります。

坐り方

脚の組み方や坐蒲(クッション)の使い方などを学びます。

手の形

緊張したり、集中できないと崩れてしまう正しい楕円形の手の作り方を学びます。

 

坐禅の後は、拝観してみよう!

f:id:treasureboxes:20190814125028j:plain

坐禅が終わったら、永平寺の館内をゆっくり見て回ることおすすめです。

 

まず、廊下から館内全て、ピッカピカに磨かれており、古い建物であるものの、すがすがしい気分になれます。

 

毎朝朝食後、作務といって、修行僧が徹底的に建物を磨くのです。

365日休むことなく毎日毎日掃除をしてそれも修行の大切な一部となっています。

 

七堂伽藍(しちどうがらん)

永平寺には70余りの大小の建物がありますが、以下の7か所は特に七堂伽藍と呼ばれ、禅宗のお寺の中で重要とされる建物です。

 

山門(さんもん)

庫院(くいん)

僧堂(そうどう)

仏殿(ぶつでん)

法堂(はっとう)

東司(とうす)

浴室(よくしつ)

 

パンフレットを見ながら、ゆっくり参拝されること、おすすめです。

 

永平寺での写真撮影に関する注意点

f:id:treasureboxes:20190814114210j:plain

いくつかの注意点をまとめました。

修行僧の写真を撮ってはいけない!

修行僧のプライバシーを守るため、僧の姿を撮影することは禁止となっております。

景色や建物はたいてい何でも撮って良いですが、僧だけはやめましょう。

 

2つの建物(承陽殿と僧堂)の写真は撮ってはいけない!

承陽殿とは、永平寺を開いた道元禅師を始め、歴代の貫主様が眠るお廟です。

曹洞宗の方々にとっては最も神聖な場所であり、写真撮影はすべきではありません。

 

また、僧堂も大切な修行僧の修行の場であり、中に入ることはもちろんできませんし、撮影もしてはいけない場所です。

 

坐禅中も写真撮影禁止!(携帯は使えない)

当然と言えば当然ですが、撮影はできません。

携帯は電源をオフにして、貴重品ロッカーに入れることを勧められます。

修行の道場ですから、しっかりルールに従いましょう。

 

永平寺で坐禅体験・まとめ

f:id:treasureboxes:20190814124858j:plain

もし永平寺に観光に来られる方がいらっしゃれば、拝観プラス坐禅体験はおすすめです。

 

厳しい修行道場でありますが、1244年から続いている伝統を感じられる坐禅体験、良かったらぜひ体験してみてください。

 

 

チームじゃなかったら、心が折れていたかもしれない【雑談】

チームで戦えてよかった。

笑えるメンバーとチームを組んでいることで、本当に心が救われる。

チームじゃなかったら、心が折れていたかもしれない。

f:id:treasureboxes:20190805001146j:plain

フリーランスになると決めてフリーの通訳ガイドをしているという感じではなくて、なんとなく自然な流れでそうなってしまっている今日現在なのですが、、、。

 

教える仕事は、まあ、いつでもできるし、世の中の流れを見ていて、インバウンドの需要の波に乗ってみようかという気持ちと、そんなタイミングで家族の状況とか、その他もろもろの条件が重なって今に至る感じです。

 

知らんよ、どうなるかなんて、一寸先は闇ですから。

 

でも、不安はたくさんあったのですが、なるようになる気がする。

フリーランス当初は、暇すぎて、ギター練習ばっかりしてて、「売れない芸人みたいな生活してるな~」と、バカにされていたのですが、最近、やたらといろいろなことが舞い込んできて忙しいのです。

 

みんな、私を暇人認定して、何でもやってくれると思ってるなぁ!(笑)

時々、そんなの自分でやれよ!ってツッコミたくなりますもん。

可哀想やなあと思って、慈悲の心から親切にしますけども・・・。

 

でも、何かをやると決めたら、それなりに、そういう流れに自然となるのかなと。

 

1社、仕事になりそうなつながりができたことや、他にも多分応募すれば仕事につながりそうなこともあるし、自分で何か企画すればそれはそれで仕事になりうるし。

 

頭使って、行動していけば、多分、道は無数にある。

 

最近は、今までみたいに、1時間いくらで働くという感覚が薄れてきていて、できるだけ釣り糸をいろんなところに垂らして、どれかの竿にいつの間にか魚が釣れている、みたいな仕事のやり方にあこがれている自分がいます。

 

上手くいくと良いけど、コケたら、それもまた、おもしろし!

 

 

でもね~、ここ数日、本当に頭を使いました。

正確に言うと頭とコミュニケーション力。コミュニケーション力、本当に重要!

相手の気持ちが手に取るようにわかる「EQ力」っていうのですか?

 

今、所属している団体は、設立してまだ数年ということで、比較的新しくて、ルールを作りながら前に進んでいる感じです。 

それで、日々、道なき道を歩いている感じで、面白いと言えば本当に面白い。

 

自分たちで道を切り開いて、時々、痛い目に遭いながらも、前には徐々に進んでいるから、生きてる実感とかやりがいとかは本当にあります。

 

切り込み隊長って響きは好きですわ。

ジャングルを切り開くイメージ。道を切り開いて進んでいる感じ。

ただ今、成長中!

どこかで役に立つと思う、この状況。

それを信じて前に進むしかない!

 

もがきつつ、やりがい実感中!

一緒に戦う仲間がいてよかった!

そして、ユーモア、人生にはとっても重要!

 

合掌

f:id:treasureboxes:20190805002007j:plain

パブリックスピーカー5年目の独り言【雑談日記】

パブリックスピーキングのスキルを真面目に磨き始めて、5年目だと思うのですが、今日は嬉しい依頼が来ました。

f:id:treasureboxes:20190803010226j:plain

人前で話すお仕事、講演依頼が来たのです。

今年は2回目ですねぇ。

 

今年の1回目の講演の時は、テーマ「海外留学のすすめ」ということで、海外留学を推進している教育委員会からの依頼でした。

 

その前は、だいぶん前だけど、地元の大学からの依頼で、海外留学をおすすめするミニセミナー。あの時も楽しかったな。

 

今回は、テーマも先方の団体さんに決めていただき、聴衆の皆さんが聴きたい需要のある話を今から情報収集してまとめる感じです。

 

いろいろと発信すると、リスクもあるけど、良いこともありますね。

Facebookとかで発信していることがきっかけになっているのかなと、勝手に思ってる。

 

今回は自分一人で講演内容決めるのではなくて、ちょっとチームに協力してもらって、地域社会のためになるような話にまとめたいなと。良いチームがいるんだ!

 

これまでの経験では、中高生とか大学生やその保護者の方がオーディエンスだったのですが、今回は大人で、しかも社会的ステイタスのある方々です。

 

ちょっと怖いけど、引き受けたからにはきちんと良い結果につながるよう努力するのみです!

 

人前で話す依頼が来るって、嬉しいことだなと、つくづく思いますわ。

話すの好きだし、今やっている活動のこととか、PRできる場を与えられて嬉しいと言いますか。

 

よーし!

今から30分スピーチ、頑張って練りに練るぞーーー!

 

それにしても、スピーチスキル、けっこう役に立つなあ。

 

そして、また人前で話す仕事が舞い込んで来ると良いな~。

マイクが好きなんだもの。(笑) ( *´艸`) 

 

今日は、ただのつぶやきでした!

 

地域に貢献できるか?おもてなし認定講座受講中!

今年度は、仕事仲間のすすめもあって、福井県の「おもてなし認定講座」を受講しています。

福井県が主催する「おもてなし認定講座」

f:id:treasureboxes:20190801202817j:plain

福井県通訳案内士協会(Fukui Tour Guides Association)の事務局としての使命感から、少しでも地元の発展に貢献できればと思い、福井県が主催する「おもてなし認定講座」に今年度、参加しております。

 

これは観光業に携わる人のための講座でして、平日の日中に開催ということもあって、これまでは一回も参加したことがなかったのですが、今年は2つの講座を同時進行で受講中です。

 

北陸新幹線開通後、お隣、金沢市の変化!

新幹線がやってきてから、金沢市の観光需要がすごいことになっていることは聞いておりましたが、本当に現在、インバウンド需要がすさまじいようです。

 

でも、ただ新幹線が開通するのを待っていたわけではなくて、戦略を練って、例えば、客層のターゲットをしぼって徹底的にプロモーションをするなど、数年前から投資や人材投入など、さまざまな準備期間を経て、今の結果につながっているようです。

 

例えば、イタリア人は、伝統的工芸品などを大切にする方々で、伝統工芸品の豊富な金沢市はそのイタリア人の層をターゲットに、数年前からプロモーションをしてきたらしいです。

 

その努力の成果もあって、日本に来られるイタリア人の8人に1人は金沢市を訪れているという計算になっています。戦略の大切さを実感しました。

 

福井は大丈夫なのか?

旅行会社の方の40分のレクチャーの前半、ほとんどがインバウンド需要に関するお話で、福井県民として、危機感を感じました。

 

新幹線が福井にやってくるのが2023年3月、金沢ほどの変化は見込めないとしても、関東からやって来るお客様は増えることでしょう。

 

福井県の外国人宿泊者数は、47都道府県中、ビリを脱出して、ビリから2番目か3番目で推移している状況です。油断すると、またすぐビリに舞い戻りますよ。

 

昔から「ものづくり」中心の県ですから、観光業には全然力が入っていないのです。

 

おもてなし講座で認定されるためには勉強が必要!

f:id:treasureboxes:20190801202829j:plain

福井の観光業、せっかく来たお客様がガッカリしないか心配しつつ、今私がすべきことは、このテキストのお勉強。

 

100ページにわたって、福井県のマニアックな情報がつまっています。

そして、ここ数日、5ページ目から、前に進みません・・・。 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

あと、95ページもあるのに、9月に認定試験があるのに、5ページ目で止まったまま・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

 

歴史の年表があって、全然、面白くないの!(←はっきり言うな!)

福井県にまつわる歴史の事実の羅列・・・。(つまらん・・・)

 

ハッキリ言うな!って感じですが、歴史はね、ストーリーがないと楽しくないんですよ。 

小説とか大河ドラマとか、そういうので楽しく学ばないと、ただの事実の羅列では、あまりにも面白くなさすぎて、強力な睡眠薬になるだけでして、年表のページでいつも爆睡してしまっています。

 

ということで、作戦変更!

 

アウトプット式に転換して、自分でストーリーを作りながら、わからないところを調べながら、工夫して頑張って学びたいと思います!急げっ!

 

でも、テキスト自体は、うまくまとまっていて、「へえ!」と言ってしまうような、知らなかったオモシロ情報もあって、とても勉強になるテキストです。

 

 

まとめ

面白いなと思った歴史のこととか、学んだことをアウトプットしていくとしっかり定着すると思うんです。

良いアウトプットの方法は、書くこと、人に話すことだと思うわけで!

 

だから、面白い歴史のストーリー、自分なりに学んだこと、書いてみたり、人にしゃべってみたりすると良いと思う。

 

そう考えてみると、わかりやすく説明する練習ができるブログは良いアウトプットの場所だなと思います。

 

通訳練習会(7月)の記録【英語オタクついに個室利用へ!?】

先日、サイトラ会(通称:英語オタクの会)が開催されました。

いつもは早朝から某ミスドを利用させていただくのですが、今回は、個室のあるカフェを予約して開催しました。

f:id:treasureboxes:20190729155640j:plain

カフェの個室で開催の理由

前回までのサイトラ会では、英文の記事や日本語のスクリプトを1人ずつ1パラグラフずつ、英→和、もしくは、和→英で、サイトトランスレーションをしていきました。

 

だから、1人ずつ、紙を見ながら、小さい声でぼそぼそと交代でしゃべるのですよ。

しゃべるというか、訳していくんですけどね。

 

でも、最近、私が通訳練習をしたいという要望を常に言っていることに加え、スピーチを教材にしている関係で、音声をそのまま聴いて、逐次通訳の練習がしたいよね!という提案が出まして、音声を出して練習できる個室を今回初めて予約したということです。

 

教材準備を担当する理由

なんか、今回もですが、行く前からウキウキしてました。

メンバーが、よくぞ集まったねという感じの、オタク中のオタクでして、私もね、そこそこのオタクだとは思うのですが、先輩方は、筋金入りですから。(笑)

 

私は、まだまだ一番スキルが足りないので、教材準備担当を買って出ました。

スキルは低いけど、意欲だけは異常に高い。これは言える。

 

仕事が迫ってきていて、切羽詰まっていることと、数年後に訪れるであろうインバウンド業界への危機感と向上心とで、モチベーションだけは異常に高いの。

 

で、ちょっと話は変わりまして、仲の良い日本語ペラペラの外国人のお友達がいるのですが、この間、Language-exchangeをしていて、「どういうときに語学が身につくと感じる?」という質問したときの答えがこちら。

 

「教材を準備している時に、いろいろ調べて勉強になる。」ということでした。

私もそれはすごく実感していて、語学を教える前に、予習をするのですが、わかっていないと教えられないし、準備をする過程で、ものすごく勉強になる。

 

例えば、教えるための生徒用の教材を自分で調べながら作ったりした時、その作る過程で、さまざまなことを学んで一番得しているのは自分ということがよくある。

 

そういうわけで、皆からは、「準備するの負担が多くないか?」と心配されたりもするのですが、実際、一番得をしているのは私だったりするので、全然問題ないのです!

 

むしろ、教材となるマテリアルを探す過程で学ぶことも多く、皆のために何かを準備することで感謝されたり、喜ばれたりで、私みたいな社会であんまり役に立ってない人間でも、多少はお役に立てるという感覚を持てて嬉しくなります。

 

逐次通訳の練習

f:id:treasureboxes:20190624230415j:plain

通訳関連の試験もいずれ受けたいと思い、念頭に入れていますが、練習の仕方がわからないんですよね。

 

1人でできる訓練ならいくらでも1人でやりますが、実際に、以前通ったことのある学校は通訳ガイドの学校でして、通訳養成所ではない。

 

だから、実際に通訳養成所のような学校に通っていた先輩方から学ぶことは本当に多いのです。いつも書いてますが、福井に通訳学校は無いですから。

 

通訳練習が、格安で地元で練習できたら画期的ですよね。

そんな感じで、私が準備していった音声教材とスクリプトを元に、一緒に逐次通訳練習を行いました。

 

個室カフェで大正解!音を出しても、全然平気ですから。

1人ずつ適当なところで音声を止めて、逐次通訳をやります。

皆さんご親切に、私のやりたいことに合わせてくれまして、和→英の逐次通訳を練習させてもらえました。

 

メモ、大事ですね。

私のメモと、皆さんのメモの違いが凄まじい!

逐次通訳は、メモの取り方が本当に重要ということが手に取るようにわかりました。

シンプルに記号を多用して、自分なりの工夫をしながらメモとりしてました。

 

私もメモがあればそこそこ通訳できるので、内容を忘れてしまうということを防ぐようなメモの取り方を練習するんだなと。自分の課題がはっきり見えました。

 

ホントに感謝でいっぱいですわ。先輩方、ありがとうございます!

 

まとめ

f:id:treasureboxes:20190729160947j:plain

課題が明確になったら、それに向けて努力するのみ!

日々の努力の積み重ねはきっと裏切らない!

 

そんな感じで、もともとゆるーい集まりだったサイトラ会の進歩発展が、これからもますます楽しみです!

 

弾丸トリップ to 飛騨高山 & 世界遺産の白川郷

昨日とおととい、ガイドツアー企画のため、下見に弾丸下見ツアーに行ってきました。

いやー、ホントに、弾丸だった!

我ながら、「自分、けっこう体力あるやん!」って自画自賛(笑)

1人旅の感想など

1人だったけど、気楽で、自由で、たまにはこんな旅も、とっても面白かったです。

2人とか大勢も好きですけど、1人もたまには良い!

 

夜中でして、明日からも怒涛のひびが押し寄せる予感ですが、行ってきたよ!っていう証拠写真だけちょっびり載せておきます!

 

詳しく書くのは、別のブログの方にするかもしれません。

自分の仕事にもつながるようにしたいためです。

 

何でもトライしてみて、やりながら調整していくのが良いのかなと思います。

そうやって、より良いものにつながればいいと思う。

 

ということで、飛騨高山と白川郷の写真一部紹介です!

2日間で、アホみたいに500枚以上写真を取りまして(笑)、もう最近は、きちんと良い写真が撮れるカメラが欲しいですわ。

 

写真、趣味にしようかな・・・。

 

日枝神社

f:id:treasureboxes:20190722005706j:plain

アニメ映画の「君の名は」に出てくる宮水神社のモデルとなった神社の1つと言われている日枝神社(ひえじんじゃ)です。

f:id:treasureboxes:20190722005719j:plain

日本三大祭りの一つである、高山祭の春の祭りを主催する神社でもあります。

とても美しく、厳かで、かなり好きな神社になりました。

f:id:treasureboxes:20190722005804j:plain

特に境内の大杉が、ものすごくHolyな雰囲気があって、素晴らしかったです!

 

高山陣屋

f:id:treasureboxes:20190722010235j:plain

陣屋というのは江戸時代の役所です。

日本にいくつかありましたが、現存しているのは、高山陣屋のみです。

 

f:id:treasureboxes:20190722010316j:plain

建物の中に、江戸時代の工夫がたくさん見られました。

これは、囲炉裏のやかんをつるす時の工夫。

 

魚の形の留金で、自由自在にやかんを上げ下げできます。

水をイメージさせる魚を使うところもイケてる!

 

f:id:treasureboxes:20190722010259j:plain

身分制度がよくわかる造りになっていまして、建物の至る所でそれを感じることができます。

上の写真は、刑事裁判と、お仕置きする場所なのですが、当時を想像するとゾッとします。

 

世界遺産の白川郷 合掌造りの村

f:id:treasureboxes:20190722011259j:plain

こちらは、別の日に行った白川郷です。

写真スポットだらけで、歩けど歩けど、飽きません!

 

f:id:treasureboxes:20190722011351j:plain

田舎の風景は、なぜか癒されますね!

のんびり歩いていると、嫌なことどうでもよくなりますね!

 

f:id:treasureboxes:20190722011430j:plain

展望台もゆっくりと歩いて登ってみました!

昔のお城の天守閣の跡地が展望台になってます。

 

その他に、可愛いと思ってしまったもの!

f:id:treasureboxes:20190722011529j:plain

お寺の鐘の屋根まで茅葺屋根!

 

f:id:treasureboxes:20190722011625j:plain

神社も可愛い!(白川八幡神社)

 

f:id:treasureboxes:20190722011716j:plain

しめ縄も特徴的だなと思いました!

 

まとめ

写真、ものすごくたくさんあるのですが、この辺で止めておきます。

 

福井県民ですけど、岐阜県、好き!

観光地では、観光客に優しい県だと思いました。

 

道を渡ろうとすると、車はすぐに気づいて止まってくれるし、店員さんはどこに行っても微笑んでくれるしで、幸せな時間を過ごすことができました。